領収書と仕事中の女性

中小企業の強い味方となってくれる経理代行

社員数が20名程度の中小企業では、1人の経理スタッフが伝票整理や給与計算を行っています。また結婚などの事情で退職したときに、新たに社員を採用せずに経理代行サービスを利用する傾向も強まっています。しかしサービス内容が違うので、実際に導入した企業の成功事例を参考にして、良い業者を選ぶ必要があります。税理士や公認会計士のサポートも受けられる業者であれば、確定申告の準備や決算書の作成で困った時でも安心です。
また季節によって取引金額が変動する企業は、繁忙期になると帳簿への記帳も煩雑になります。そのような場合には必要な時だけ記帳代行サービスを利用すると、社員の負担も大幅に軽減できます。経験豊富な記帳代行スタッフにすべての作業を依頼すると、会計ソフトへの入力作業時のミスも大幅に減らせます。
そのために申告書の作成などの計算ミスもなくなり、納税を正確に行えるメリットもあります。そして経理代行サービスを利用するときには、業種別に最適な業者を選ぶことが最も重要です。建設業界には独特な取引慣行があるので、経理代行サービスを利用するときにも、建設や土木関連企業に強い業者を選ぶべきです。そして近隣にオフィスがある地域密着型の業者は、訪問サービスも利用しやすいので便利です。

経理代行の中で優先的に導入を検討したいサービス

自社で行っている幅広い経理関連の仕事の中で、特に扱いが難しいものは何でしょうか。多くの会社は、記帳と答えると予想されます。記帳業務を正確に処理するためには、会社資金の出入りを…

税理士事務所や会計士事務所の経理代行サービスの活用法

飲食店や広告代理店などを新規に設立した経営者の多くが直面するのが、伝票の作成や確定申告に向けた準備などの困難な事務作業です。確かに専門の経理スタッフを採用する方法もありますが…

経理代行を積極活用することで得られるメリット

会社の経理業務のかなりの部分は、社内処理の代わりに経理代行を導入して業者に対応してもらうことができます。経理業務に関連して困っていることがあり、ソリューションを模索中であれば…

中小企業の強い味方となってくれる経理代行

社員数が20名程度の中小企業では、1人の経理スタッフが伝票整理や給与計算を行っています。また結婚などの事情で退職したときに、新たに社員を採用せずに経理代行サービスを利用する傾…