領収書と仕事中の女性

利用方法が簡単な経理代行サービス

電卓

外注業者を利用すると、社内の業務負担を減らせて確かに便利ではあるものの、業者によっては仕事の依頼をする手順そのものが面倒という場合もよくあります。経理関連の業務、特に、作業量が多くて会計や簿記の知識も必要な記帳業務は、社内で誰かに適当に振るのが難しく、外注したいと考えている会社も多いでしょう。しかし、業務依頼の手順があまりに煩雑なら、外注サービスの利用をためらってしまうとしても無理はありません。
記帳を業者に外注することは可能ですし、経理代行業者のサービスメニューの一つとして記帳代行というものがあります。記帳代行を利用すれば、経理代行業者の経理が分かるスタッフのサポートを得て、面倒な記帳業務の処理が出来ます。経理代行の業務依頼手順が面倒かというと、特にそのような懸念は無用と考えられます。
利用者は、そもそも、お金の動きをトラックできる資料として、請求書や領収書、預金通帳などを保存しているはずです。それを定期的に業者に提示して、記帳作業を行ってもらうだけです。
文書保存は、外注を使っても使わなくても会社の義務ですので、実質的には、なんら追加の労力を使う必要はないと言えるでしょう。ごくシンプルな手順で利用可能な経理代行、是非導入してはいかがでしょうか。

過不足なく納税するための対策として経理代行を活用しよう

経理業務の中でも、記帳作業には、常に一抹の不安を感じるという人は多いのではないでしょうか。記帳は、お金が出たり入ったりしたときに、それを記録すればいいだけの作業と思っている人が沢山いますが、実際にやってみるとそう単純なものではありません。記録と言っても、家計簿やお小遣い帳レベルの内容ではなく、簿記のルールを踏まえて記録しなければならない点が、特にハードルが高いと言えるでしょう。
この業務を社内で回す自信がないなら、是非、経理代行業者に相談して、記帳代行を導入するといいでしょう。経理の担当者を雇えればそれもいいですが、そうなると、スタッフ一人分の人件費を負担しなければなりません。そんな資金的余裕がない場合は、同等のスキルや知識レベルを備えた人材にリーズナブルな料金でサポートしてもらえる経理代行を利用するのが合理的と言えます。
記帳代行を依頼すると、お金の出入りのタイミングからあまり遅滞することなく、正確な記帳が行われます。記帳が正確なら、その情報をもとに作られる各種帳簿の内容も信ぴょう性の高いものとなり、最終的には、正確な納税額の算出を可能にしてくれます。それを思えば、経理代行業者を利用する出費は、非常にお得と言えるでしょう。

スタッフのパフォーマンス改善のため経理代行を導入しよう

営業や事務など、本来業務をこなしつつ、経理業務も兼任しているスタッフがいるなら、経理代行を導入して、出来るだけ早期に兼任を解く方がいいでしょう。ことに、ボリュームの大きな記帳を担当しているスタッフは、その仕事の負担が大きすぎて、本来業務で思ったほどの成果を出せていない可能性があります。
そのような状態では本人も不満でしょうし、最悪の場合、退職を考え始める可能性もあります。経理代行を導入して、特に、記帳代行サービスを利用すれば、社内の兼業スタッフを記帳業務から完全に開放することが出来ますので、是非前向きに検討しましょう。
そうはいっても、経理担当者を別途雇用するお金の余裕がないから兼任状態になっているのに、業者を利用したのでは、結局、経理担当者の人件費を負担することになるではないかと思うかもしれません。しかし、経理担当者を自社で雇用する費用と、経理代行業者のサービスを利用する費用では、後者の方が圧倒的に安くなります。従って、経理代行・記帳代行の導入というのは、兼任と専任スタッフ雇用というオプションの中間の策とも言えるでしょう。
程々の費用で利用できる経理代行の導入で、スタッフが本来業務に集中できる環境が整えば、パフォーマンスレベルも一段アップすると期待できます。

経理代行の中で優先的に導入を検討したいサービス

自社で行っている幅広い経理関連の仕事の中で、特に扱いが難しいものは何でしょうか。多くの会社は、記帳と答えると予想されます。記帳業務を正確に処理するためには、会社資金の出入りを…

税理士事務所や会計士事務所の経理代行サービスの活用法

飲食店や広告代理店などを新規に設立した経営者の多くが直面するのが、伝票の作成や確定申告に向けた準備などの困難な事務作業です。確かに専門の経理スタッフを採用する方法もありますが…

経理代行を積極活用することで得られるメリット

会社の経理業務のかなりの部分は、社内処理の代わりに経理代行を導入して業者に対応してもらうことができます。経理業務に関連して困っていることがあり、ソリューションを模索中であれば…

中小企業の強い味方となってくれる経理代行

社員数が20名程度の中小企業では、1人の経理スタッフが伝票整理や給与計算を行っています。また結婚などの事情で退職したときに、新たに社員を採用せずに経理代行サービスを利用する傾…